高齢者部門

ふれ愛の館しおん デイサービスセンター
ふれ愛の館しおん ホームヘルプセンター

いつまでも住み慣れた場所でいきいきと暮らせるように

ふれ愛の館しおんビジョン2027
つながりの場としてひとりを大切にできる

①つながる
それぞれの場に合わせた繋がり方を尊重し、隣の人に関心が持てる。
②集まる
入居者、家族、職員、地域が集まる機会を作り、当事者組織、学習会、イベント、行事などそれぞれに役割があり、主体的に参加する場
③排除しない
どのような境遇の方に対しても参画できるための支援を惜しまない。

いつまでも住み慣れた場所でいきいきと暮らせるように

わたしたちの取り組み Our Mission

能力に合わせて自立した自宅での日常生活を支援

指定訪問介護は、利用者様の意思及び人格を尊重し、利用者様の立場に立った適切なサービスを提供します。利用者様ができる限り自宅にて、持っておられる能力に合わせて自立した日常生活を営むことができる様に配慮し、身体介護や生活の援助を行います。

なじみのある住み慣れた地域、
愛着のある自宅での生活を続けるために

「予防から看取りまで」の中でデイサービスが担う役割は「介護予防」です。いつまでもお元気に自立した生活を送るために、体力づくりや足腰の強化、認知症予防に効果がある取り組みを実施しています。また「楽しみ」を大切にしており、様々な季節行事を企画・開催しています。また、認知症があっても住み慣れた地域、愛着のある自宅で自分らしく生活を送るためにご本人とご家族だけでなく、関係する人々皆でチームとなり地域全体で支えていけるよう支援を行っています。

利用者様と職員の垣根を越えて関わった人全員が楽しめることを心がけています。

在宅取り組み

私たちがケアで大切にしていること

その人らしい暮らしをいつまでも営めるよう、毎日の暮らしの中に楽しみや生きがいを見出しながら、その方の意思を尊重した介護サービスを行っています。また、地域とのつながりを大切にし、幅広い世代の皆さんと交流できる機会や場を充実させて、 温かい心のふれ愛を実現させています。

ホームヘルプサービスについて Home help

ふれあいの館しおんでご利用いただけるホームヘルプサービス(訪問介護)の内容についてご紹介させていただきます。

チームとしての身体介護

ヘルプサービスとして連携を取り、チームとしての身体介護に努めています。利用者様の状態は、日々変化していくものなので、随時ケース会議等にて情報共有を行い、利用者様に応じた適切な介護方法を考え、安全かつスムーズに実施しています。

チームとしの身体介護

保険外サービス

  • hhelp-img1

    利用者本人以外のための
    洗濯・調理・買い物

  • hhelp-img2

    主として利用者本人が使用する
    居室等以外の掃除

  • hhelp-img3

    草むしり、花木の水やり

※あくまで一例ですのでご相談ください。

介護保険では対応できない場合に利用できるサービスです。共有部分の掃除、電球や蛍光灯の交換、ご本人様以外の調理などでご利用いただけます。遠方への買い物同行、美容院の同行、スポーツ観戦など利用者様のニーズに合わせたサービスを行います。利用者様がより豊かな生活を送れるようサポートいたします。

施設について Facility

「住み慣れた場所でいつまでも自分らしい生活を送る」ために、利用者様の立場に立った適切なサービスを提供させて頂きます。関係する人々でチームとなり一体化して地域全体で支えていきます。


  • 玄関(入口)

    玄関(入口)

    玄関にアルコール消毒や自動体温機を設置し、感染予防対策をしています。

  • ベランダからの風景

    ベランダからの風景

    ベランダからは保育園の園庭を見渡すことができ、走り回って遊ぶ園児たちを眺めることができます。

  • お風呂

    お風呂

    おひとりずつ入っていただく個浴です。機械浴を導入しており身体の不自由な方にも安心してお入りいただけます。

  • レクリエーションルーム

    レクリエーションルーム

    季節に合わせた行事、子どもたちとの交流を行うお部屋です。

  • デイサービス フロア

    デイサービス フロア

    令和2年に改装した明るく清潔なデイルームです。

  • 認知症対応フロア

    認知症対応フロア

    ご自宅のように少人数でゆっくりと過ごしていただけます


デイサービスの過ごし方

デイサービス

  • レクリエーション
    レクリエーション レクリエーション

    体力づくりを目的とした運動系レクリエーションや、認知症予防を目的とした脳トレクイズなどさまざまなレクリエーションを毎日実施しています。いずれも楽しみながら続けられるように工夫をこらしています。

  • レクリエーション2
    レクリエーション2 レクリエーション2

     ご本人に合わせたレクリエーションを実施しています。少人数ゆえに、レクリエーションでも個々に合わせたメニューで進めています。施設で用意したレクリエーションが合わなければ、ご本人の得意なことに取り組んでいただき、認知症により作業の工程がわかりづらくなれば、ご本人に合わせた言葉かけやお手伝いを行います。

  • クラブ活動
    クラブ活動 クラブ活動

    楽しみながら介護予防になれば一石二鳥。しおんデイサービスでは、読書部、卓球部、書道部、カラオケクラブ、製作部の5つのクラブが活動しています。お年を召しても趣味を楽しまれる姿はいきいきとしており、お友達もどんどん増えます。

  • 季節行事
    季節行事 季節行事

    新年会、節分、お花見、遠足、敬老会、ハロウィン、クリスマス会など…四季のうつろいを感じながら、それぞれの季節をお楽しみいただけるように行事を開催しています。皆さまからの「楽しかった」というお声が職員の原動力になっています。


  • その人らしさ
    その人らしさ その人らしさ

     認知症になってもできる限り自身の力で「活(生)ききる」お手伝いをさせていただき、一人ひとりが、住み慣れた地域で当たり前の暮らしを続けるために、私たちは何ができるかを日々考えています。そして、“その人らしさ”を常に考え、ご本人様の言動・行動を汲み取り、ココ(しおん)での生活が人生のいい思い出の一つになるよう、スタッフ一同頑張っています。


  • 子どもたちとの交流
    子どもたちとの交流

    敷地内に乳児院、保育園、学童を併設しており、デイルームからは園庭で遊ぶ子どもたちを眺めることができます。季節行事では、可愛らしい出し物を披露してくれたり、手作りの作品を交換するなど交流もあります。

  • 家族会
    家族会

     ご家族様のお悩みへのご相談はもちろん、ご利用される皆様方がよりよい生活ができるようお手伝いさせていただきます。また家族会も実施し「家族同士で交流」「情報を共有」等を行う機会も設けております。

ご利用料金について Usage fee

デイサービスやホームヘルプのご利用料金です。詳しくはお問合せください。

デイサービスセンター

ホームヘルプセンター

施設の概要 Facility

施設名 ふれ愛の館しおん
施設長 佐藤 旭保
開設日 平成7年11月1日(デイサービス)
平成10年3月1日(ホームヘルプセンター)
利用定員 デイサービス:30名
事業所番号 2772000226(ホームヘルプセンター)
2772000218(デイサービス)
住所 大阪市住吉区苅田4-3-15
連絡先 TEL:06-6607-2990  / FAX:06-6696-5356
設置主体 社会福祉法人 四恩学園
理事長 中西 裕
営業時間 月~土/9:00~18:00
*日・年末年始(12/29~1/3)を除く

私たちがお迎えします Staff introduction

地域共生社会が実現できる
予防から看取りまで支援します

0歳~100歳まで、地域共生の「結び目」となるしおん学園の中で、ふれ愛の館しおんのサービス部門は「予防から看取りまで」をテーマにデイサービス、認知症対応型デイサービス、ホームヘルプセンターの事業を展開しています。利用者様の意思及び人格を尊重し、利用者様の立場に立った適切なサービスを提供し、楽しみ、癒し、元気をお届けすると共に、地域に密着、地域で長く生活して頂けるよう支援しています。

ヘルプセンター管理者西谷 美保子

ヘルプセンター管理者 西谷 美保子

「その人らしく過ごせる居場所」であるように

利用者様の「いつまでも住み慣れた家で生活したい」という思いを大切にしながら、その思いを叶えるために一緒に考え、支えられる存在でいられるように、“自立支援”“介護予防”“利用者本位”の3つを大切にした取り組みを行っています。
デイサービスの概念にとらわれず、利用者様の「これがしたい」「これが食べたい」といった希望を引き出してさまざまな行事を企画し、実施後には「楽しかった!」「またしたい」という声をいただけることが職員の原動力ともなっています。また利用者様ご本人だけでなくご家族にも「ここに来てよかった」「ここになら任せられる」と思っていただけるような存在であり続けたいと考えています。

デイサービス副主任

デイサービス副主任 

アクセス Access

大阪メトロ御堂筋線「あびこ」駅より徒歩12分