titleImage
四恩学園の歩み
トップページ > 四恩学園の歩み
沿革
1915   四恩学園の前身「四恩報答会」発足。
1934 組合方式から財団法人に改組。 室戸台風救援事業及び、東北大飢饉救援事業に協力。
1935 鉄筋3階建の新園舎完成。(西成区東入舟町)
1947 焼失した園舎を再建し、乳児院及び診療所を開設。
1949 天王寺逢阪下之町一心寺境内に養護施設を開設。
1961 釜ヶ崎暴動。
1962 西成労働福祉センター建築のため、 「釜ヶ崎」の全施設を大阪府に譲渡する。
1963 住吉区苅田町に、乳児院・養護施設(分園)・診療所・ 育児相談所を開設。
1967 大阪市の経営委託により、「苅田保育所」を開設。
1971 鉄筋5階建ての乳児院・乳児保育所を新設。
1981 「四恩乳児保育園」設置認可・開園。 地域サービス事業「赤ちゃん110番」開始。 「全国夜間保育所実態調査報告書」他発刊。多大の反響。
1982 夜間保育所「四恩みろく保育園」設置認可・開園。 夜間保育所「四恩みろく保育園」の実践活動が 「幼児と保育及び世界の幼児教育・日本編」に紹介。
1990 乳児院の地域サービスとして「ふれあい会食」を ボランティアむぎわら会の協力で開始。
1993 四恩学園本部事務所を天王寺から我孫子に変更。
1994 四恩学園総合福祉センター着工。
1995 四恩学園総合福祉センター完成。 「高齢者デイサービスセンター」「在宅介護支援センター」開設「四恩るり保育園」改築(苅田保育所から名称変更)。
1996 創立80周年記念誌復刻版「ともだち」発行。
「ともだち10号」(目で見る四恩の歴史)発行。
「カルチャーセンター」開講。 (太極拳・ダンス・俳画・華道・コーラス・陶芸等、11教室)
第1回 ふれあいフェスタ開催。
80周年記念事業「四恩の泉」掘削完了。
1997 「四恩の泉」瑠璃観世音菩薩 開眼菩薩。
第4回大阪心ふれあうまちづくり賞 大阪市長特別賞受賞。
1998 子育て支援、幼児クラブ1週間170組の親子が利用。
1999 大阪市ホームヘルプサービス事業、大阪市より委託。
2000 全国夜間保育園連盟が三菱財団・医療事業団より助成を受け「夜間保育の子どもへの影響及び今後の課題に関する報告書」完成。
4月 介護保険スタート。「第2デイサービス」 「ホームヘルプセンター」「居宅介護支援事業所」 大阪府より指定を受け、事業を開始する。
ホームヘルパー2級養成講座開講。
2001 4月 「るり2乳児保育」園開設。(地下鉄あびこ駅前)
「四恩みろく2夜間保育園」 開設。 病後児デイサービス事業開始。
配食サービス開始。
2003 児童養護施設大規模改修。
小規模グループホーム「洗心館」誕生。
2006 春の叙勲で理事長金戸述、瑞宝双光章受章。 11月園遊会に招待。
2008 秋の叙勲で園長金戸光子、瑞宝双光章受章。
2010 4月1日、大阪市より委託され 住吉区東地域包括支援センター開設
2014 5代理事長逝去に伴い、
6代理事長に 髙口恭行就任
5代理事長故金戸述従六位に叙位。
2015 4月第7代理事長に中西裕(ゆたか)就任。
小規模養護施設「児童養護施設四恩たまみず園」竣工。
4月8日、100周年記念式典並びに「内持阿弥陀仏開眼式」挙行。
2016 四恩みろく保育園(夜間)が、4月1日より四恩みろく2保育園に統合し、園児40名で再スタート。